トイレ詰まりが直らないなら|ベテランの業者に依頼しよう

家

トイレが水浸しになった時

トイレ

水漏れ発見時の対策

トイレ水漏れを見つけたら、まずは水を止める事を考えます。ほとんどのトイレにある水道管には閉められるバルブが付いています。ただし、手では閉める事が出来ないので、マイナスドライバーを準備します。マイナスドライバーを使ってコックを閉めれば、配管からのトイレ水漏れはとめられます。タンクからのトイレ水漏れは、これでは止まりませんのでタンクを空にする必要があります。配管からのトイレ水漏れと同じようにコックを閉めた後に、通常と同じように水を流すとタンクの中が空になります。タンクが空になれば水漏れはなくなります。これで殆どのトイレ水漏れはとめることができます。これでも止まらない場合は、配管の元から漏れていますので、家の外にある水道栓を閉める必要があります。

水漏れの修理方法

トイレ水漏れを止めた後は、水漏れ箇所の修理をする必要があります。多くの場合、3種類の問題があります。1つめは、タンク内の浮きが高く上がりすぎレバーの部分から漏れている。これは、タンク内に浮きの高さを調整するねじがありますので、このねじで調整を行えば修理完了です。2つめは、ゴムのパッキンが古くなり水が漏れている場合です。この場合は、パッキンを交換する必要があります。ホームセンター等に売っていますので購入し交換します。一時的には、輪ゴムのようなゴムをパッキン代わりに出来ますが、完全に止めることは出来ません。3つ目は、配管が破裂している場合です。この場合は配管を交換する必要があるので、配管をホームセンター等で購入し交換します。一時的にはビニルテープで漏れを防ぐ事が出来ます。これらいずれかの方法で修理する事が出来ます。自分で修理する事が出来ないのであれば、まず水を止めてから修理業者を呼べばゆっくり待つことは出来ます。修理業者であれば、すぐに原因を突き止めて解決してくれるので助かります。またほとんどの修理業者が事前に細かな見積もりを行なってくれるので、安心して任せることが出来るようになります。